-->

「バネインソール ワンポイントレッスン」カテゴリーの記事一覧

足裏の痛みを防ぐインソールの選び方【バネインソールワンポイントレッスンVOL.7】

00:00

足裏の痛みはラグビーやアメフト、サッカー、野球などスパイクを使う競技やバレーボールやバスケット、ダンスなどフロア競技で多発します。

 

●靴の中で足が動くと悪化しやすい

足裏は地面からの衝撃をダイレクトに受けるので疲れる。疲れが溜まるから痛む。

足が靴の中で動くと足裏は更に痛みやすくなります。足裏の筋肉に余計な力を入れてバランスをとる必要があるからです。

 

●足底筋膜炎

スポーツで起こる足裏の痛みのほとんどは、足底筋膜炎(そくていきんまくえん)によるもの。

これは足の裏に膜のように張っている足底筋膜(足の指の付け根から踵にあります)や腱に負担がかかり、炎症や小さな断裂が起きている状態。

足底筋膜炎で痛み出すのは踵の前あたりなので、運動中この部分に痛みが出てきたら注意してください。

 

●硬い“だけ”のインソールはスポーツに適さない

インソールでできる足底筋膜炎対策は2つあります。“柔らかいインソール”を入れ着地衝撃を減らす。“硬いインソール”を入れて足が動かないようにする。正反対の機能です。

 

バネインソールを見ると正反対の2つの機能が実現しているのがわかります。底にある黄色いコントロールカップを見てください。

ベーシック(インソール)    cup[1]

よく見ると踵と土踏まずのところに穴が空いていますね。

ここがポイント!

硬いコントロールカップに穴をあけ強度を落としたことで、最大限の固定力と適度な柔らかさ実現する作りになっています。


コントロールカップ

日常生活に比べ運動中は足裏の衝撃が増えるので、硬いだけのインソールでは衝撃に耐えられない。柔らかいだけのインソールでも足がグラつき、足裏の力が余計に必要になるので、痛みの予防には役立たない。

 

私がバネインソールを運動する人に特に勧めたいのは、硬さと柔らかさ両方の機能を持っているので“運動時”の足の痛み予防にも役立つから。

足底筋膜炎を持っているアスリートにも好評なので、ぜひ一度お試しください。

自転車とインソール【バネインソールワンポイントレッスンVOL.6】

10:00

トレーニングコーチ(フィジカルトレーナー)という仕事柄、自転車選手と接する機会が多いのですが、最近インソールを「秘密兵器」として投入する選手が増えています。理由は、重たいギアも踏めるようになる=トルクがUPするから、だそう。


なぜ、そのように感じられるのか。検証しましょう。

 

踵をホールドすると足裏全体で踏めるようになる。

自転車はつま先でペダルを踏むので、足が横に動くとペダルをまっすぐ踏めず力が逃げます。競技用ペダルのつま先が固定されているのは、足が横に動くのを防止するため。

ペダル画像

自転車用のシューズは比較的硬い素材で作られているので、靴紐を締めても、シューズと足裏の間、特に踵の部分に隙間ができます。隙間ができるから、足は靴の中で動く。

せっかく、つま先をペダルで固定しても、靴と足の間の隙間の影響で、足が横に動いてしまっては、最大限のパワーをペダルに伝えることができません。

反対に、隙間ができやすい踵部分をインソールで埋めることができれば、最大限のパワーをペダルに伝えられることになります。

 

バネインソールが好評な理由

何人かの自転車選手にバネインソールのアスリートスキンを試してもらったのですが、かなりの好評を得ることができました。その理由は大きく考えて3つ


アスリートスキン(インソール)アスリートスキンpkg


1.踵部分をオリジナルのカップでホールドするようにできているので、シューズと足の隙間を埋められる。

2.表面のグリップ力。素材自体が滑り辛いので、更に固定力が増す。

3.表面の硬さ。硬くて薄い素材でできているので踏み込む力が逃げない。

 

これらの機能が働くので、力が逃げず、最大限のパワーをペダルに伝えられるようになる。これが冒頭のコメント「重いギアが踏めるようになった」に結びつくのでしょう。

力が逃げない。ということは、無駄な力を使わないということでもあります。これは長時間ライディングの疲労軽減にも役立つでしょう。

 

競技志向の方だけでなく、健康のために自転車を乗っている方にもバネインソールアスリートスキンはお勧めです。ぜひお試しください。

アキレス腱の痛みを防ぐインソール【バネインソールワンポイントレッスンVOL.5】

12:57

アキレス腱を防ぐインソール

運動する時に気をつけたいケガの一つは、アキレス腱の障害。
特に
30歳以降は要注意。
10代でアキレス腱が痛い。という人はあまりいませんが、年齢を重ねるにつれてアキレス腱が炎症を起こして触っただけでも痛くなる「アキレス腱炎」。なかには運動中にアキレスが切れる「アキレス腱断裂」を起こして手術という人が急に増えます。



○年齢とアキレス腱のトラブル

アキレス腱の障害が、加齢とともに増加するのは、20歳を過ぎると腱の柔軟性が失われていくのが原因の一つ。

厄介なことにアキレス腱は常に使用する部位なので、この部分を一度でも痛めると再発する人が多いのが特徴。特にアキレス腱炎を起こしてしまうと、大半が痛みの再発を訴えます。

日頃運動不足の人も要注意。運動不足で硬くなっているアキレス腱を、登山や運動会で、急に動かすと痛めるどころか、断裂を起こすこともよくあります。



○ポイントはかかとの衝撃緩衝能力

体重は基本的に足裏の踵と親指の付け根の出っ張りの母子球、小指の付け根の出っ張りの小子球の3点で支えるのが理想。

tech_01[1]


アキレス腱を痛めると、爪先を伸ばす(底屈)動作でアキレス腱が痛くなるため、衝撃をうまく母指球、小子球など爪先側に伝えられず、踵への衝撃が増し更にアキレス腱が痛くなるという悪循環が生まれます。

この悪循環を断ち切るには、かかと部分のクッション性が強化されているインソールを選ぶしかありません。



○バネインソールのテクノロジーは理想的

バネインソールの裏側には強度を持った素材で作られた黄色のコントロールカップが装着されています。

cup[1]注目はかかとにあけられた穴。


黄色の部分は硬い素材で作られているので、穴を空けることで硬さ来る衝撃を抑えています。

更に、この部分に柔軟性に優れ、衝撃を吸収する素材Bane-EVA-Base(バネ・イーブイエー・ベース)をインストールして、踵のクッション性を格段に高めています。この機能を備えているインソールは他にありません。



もしアキレス腱の痛みを防ぐためにインソールの購入を考えているなら、
踵部分にどのような配慮がなされているのか?
どの程度の衝撃緩衝能力があるのか??
この
2点をチェックしてください。



アキレス腱のケガを防ぐため、再発を防ぐためにバネインソール
http://ba2ne.com/products.html
最大限活用しない手はありません。


バネインソールで水虫を防ぐ【バネインソールワンポイントレッスンVOL4】

14:07

英語の“Athiete’s foot”日本語にするとどんな意味になるでしょう。

直訳すると「運動選手の足」。ですが、一般的には「水虫」のことをAthiete’s footと言います。

多くの運動する人が水虫に悩まされているのは、あまり知られていないのかもしれません。



●高温多湿に要注意

水虫は白癬菌(はくせんきん)と呼ばれるカビの一種が人間の皮膚に感染して起こるもの。気温18度以上、湿度80%以上になると激しく活動をはじめると言われています。

スポーツをすると靴の中が汗で蒸れるのが、運動する人に水虫が多い理由。雨の中でも長時間プレイする必要があるゴルファーやランナー。横の動きを高めるために通気性を犠牲にしたシューズを履いているバスケットボールやバレーなど屋内競技の選手。ブーツやレインシューズを履く女性にも水虫は急増しているようです。



●洗って乾かす

白癬菌は高温多湿を好むので、水虫を防ぐには足を清潔にして乾燥させることが大切。予防のためには、運動後足をよく洗って、乾かすようにしてください。

特にフィットネスクラブなど公共の入浴施設やプールを利用する場合、足を洗ってきれいにしても、靴下を履く間に他人が落とした菌で発症してしまうかもしれません。このような場所では、足を洗った後、靴下を履く前にもう一度足を拭いてから、乾かすのがポイントです。



●バネインソールで水虫菌の活動を抑える

反対に白癬菌は、乾燥しているところが苦手。インソールで靴の中に空気の通り道を作れば、菌の活動も抑えられます。

バネインソールの基本モデル「ベーシック」の表面素材は電化製品で有名なサムソン社のシルビックス。


ベーシック(インソール)
ベーシックpkg

防臭性、抗菌性にすぐれた素材で、匂いの原因となるバクテリアの発生を抑えるので、インソールの表面を清潔に保ちます。

通気性を高めた上に、抗菌・防臭作用もある。水虫対策にうってつけのインソールです。



また普段使うなら通気性に優れたモデル「メッシュもお勧め。


メッシュ(インソール)
メッシュpkg

表面素材がメッシュになっているので、通気性が格段に高く、シューズ内のムレや温度調整に効果を発揮します。

バネインソールの要、コントロールカップもついているので、通勤、通学など日常生活も十分快適に過ごせます。女性にもお勧めです。

cup[1]



洗って乾かす事で菌の感染を防ぐ。バネインソールで菌が活動し辛い状況にする。こうすれば水虫になるリスクを大幅に減らせます。


蒸し暑いのが日本の夏。暑さで体力が奪われ、菌に対する抵抗力が弱まっているのも加わり、水虫になりやすい時期です。

バネインソールを使って水虫を防ぎましょう。


ガニ股と足首の関係【バネインソールワンポイントレッスンvol3】

17:41

お洒落なファッションに身を包んでいても、がに股だとちょっと残念。がに股は足首、アキレス腱の捻れが原因になっていることも多いので、気になる人はチェックしてください。

●アキレス腱チェック
チェックは、アキレス腱をマジックでなぞり、平らな所に立って行います。
・マジックの線がほぼ垂直であれば正常。
・アキレス腱の部分が内側に曲がり気味の人はカカトの骨が内側にズレています。(踵骨下関節の過回内)
overpronation3
●母指球に入り過ぎるとガニ股になる
足の縦には「内アーチ」と「外アーチ」、2つのアーチがありますがカカトの骨が内側に入ると、足の裏で体重が内側に移動するので、上の図の通り内側のアーチが潰れます。

これで内アーチが低く、外アーチは高い状態が完成。自然とつま先が外を向きます。
立って親指側(母指球)に体重を乗せるとつま先が外を向くのが体感できるので、試してみてください。

●走るとがに股になる人も同じ状態が考えられます'>'>
英語ですが、過回内ががに股を作るイメージがつきますので、ぜひご覧ください。

●踵の位置を戻すには
踵の骨が原因でがに股になっている場合、矯正するのに一番手っとり速い方法は、インソールを使って、踵の骨を自然な位置に持って来ること。

Orthaheel-Pronation
バネインソールのコントロールカップは、踵がちょうどいい位置に来るように、穴が空けられているので、かかとの位置が改善され、がに股を改善する効果があります。

体の土台は腰?足??【バネインソールワンポイントレッスンvol2】

10:00

前回のワンポイントレッスンで触れた、体の土台について更に掘り下げます。

体の
土台はどこだと思いますか?腰でしょうか。足でしょうか。
土台は建物で言う基礎の事。ビルだと土台は地面と接している1階部分。
10階建ての5階位にあるのが腰になります。
体が地面と接している一階は足。なので、体の土台は足です。

●腰は背骨の土台
腰は体の土台ではなく、背骨の土台と考えてください。
背骨には脳から体の各パーツへ指令を出すための神経や脊髄が通っているので、背骨の歪みと体の不調は密接な関係があります。
そもそも足が歪んでいたら、背骨も歪んでしまうのです。

●足の歪み=土台の歪み=体の歪み
土台が歪むと建物は傾きますが、傾いた建物は上へ行けば行くほどに中心から遠ざかります。
1階部分でのズレ幅と屋上部分のズレ幅では、屋上部分のズレ幅の方がはるかに大きくなってしまうのです。

0501blog図
建物の屋上を体で例えると、屋上は頭。足元で数ミリ、数度のズレであったとしても、頭部分ではかなりのズレになります。

前回のワンポイントレッスンでも紹介した通り、体の土台はカカトの骨(踵骨:しょうこつ)とスネの骨(脛骨:ケイコツ)。
建物の場合、傾くとやがて崩れますが、体の場合、崩れないように筋肉に力が入り、肩こりや腰痛、スポーツでは力みや、パフォーマンス低下に結びつきます。

bane_control_cup
バネインソールのコントロールカップは、踵骨を安定させ、最小限の力で姿勢を維持できるように作られているので、リラックスして立つことができます。
お近くの取り扱い店で土台安定の効果、是非体感してください。

バネインソールに乗ると力が上がるメカニズム【バネインソールワンポイントレッスンvol1】

00:00

はじめまして。
トレーニングのトレーナー、フィジカルトレーナーの柴田明です。
これから月1回、バネインソールが体に効くメカニズムを紹介させて頂くことになりました。どうぞよろしくお願いします。

さてバネインソールと言えば、バランステスト。
腕を横に広げて相手に押してもらい、バネインソールに乗った時と乗らない時を比較するテスト
balance_test_1b

動画は

バネインソールに乗った方が、力が入りやすくなります。どうして力が入るようになるのか。 

積木の土台が安定しやすい位置にあると、上が安定する。
これと同じメカニズム。バネインソールに乗ると
体の土台、かかとの骨「踵骨」(しょうこつ)が安定する位置に来るからです。

●良いバランス
良いバランス(後)画像編集済
これは足の骨を後ろから見た写真。
赤丸の骨が踵の骨「踵骨」。青の骨がスネの骨「脛骨」(けいこつ)。脛骨の右にあるのが、もう一本のスネの骨「腓骨」(ひこつ)。
体の土台になっている、踵骨の上にスネの2本の骨がのっているので、安定します。

●足関節の内反
内反(後)画像編集済
これは踵骨が内側に倒れた状態。足関節の内反と言います。
2本あるスネの骨を見てください。青(脛骨)が斜めになり、右側のもう一つ(腓骨)が落ちているのがわかります。
踵骨の上に脛の骨が乗っていない。土台が崩れている状態です。

●土台が崩れると全身が力む
体の場合、筋肉があるので土台が崩れたからと言って、積木のように崩れることはありません。ですが、崩れそうになっている分、筋肉の力を使って支えようとします(代償性運動)。
力んでもスネの骨は傾いたままなので、スネの骨が倒れないように、膝周りの筋肉が力む。膝の上にあるふとももの骨も傾き、股関節周りの筋肉が力む。股関節周りの筋肉が力むと、骨盤の位置が変わるので腰が力む…。力みは下から上に連鎖します。
踵の骨が安定する位置にあることが、最少限の力で立つために必要です。

●踵骨を安定させるには
踵の骨を安定した位置に持って来るにはどうするか。簡単です。安定した位置に来るように空けてある穴に踵を入れればいい。 バネインソールの場合、コントロールカップがその機能を担っています。

bane_control_cup
Ba2ne CONTROL-CUP

コントロールカップがあるので、踵骨が安定した位置に来る。姿勢を調整するための力が少なくて済む。力に余裕ができる。外からの力に強くなる。これがバネインソールに乗ると力が強くなるメカニズム。

コントロールカップの威力は、力を使うスポーツで特に発揮されます。そして日常生活をリラックスして過ごしたい方にも。姿勢を維持する力みが減るので、立ち仕事の疲れに悩まされている方にもお勧めです。

バネインソールは踵骨安定の効果を体感できるインソール。お近くの取り扱い店で土台安定の効果、是非体感してください。

記事検索