-->

2012年12月の記事一覧

カスタムプロデュース株式会社とのコラボレーションモデル「バネサーモインソール」

17:14

bane_photo_2
カスタムプロデュース株式会社とのコラボレーションモデル
「バネインソール+サーモインナー素材搭載」
通称「バネサーモインソール」

スノーボードブーツブランド「DEELUXE」が20年間研究を重ねてきた
サーモインナー素材を採用し、より足裏のフィット感が向上。

オリジナルバネインソール同様に身体のバランスを足元から整えます。

多くのDEELUXEライダーも使用している「バネサーモインソール」
ぜひ、お試しください。

商品お問い合わせは
カスタムプロデュース株式会社
〒270-1166 千葉県我孫子市我孫子1-10-2YSビル2F
TEL:04-7183-2380 FAX:04-7183-2467

商品詳細はこちらから。




プロスノーボーダー 中村由紀選手 バネインソールを使用開始!!

17:25

yuki nakamura_2
スノーボーダー
中村 由紀選手

yuki nakamura

今シーズンより「バネインソールドットランニング」を使用開始!!

今後とも中村選手を応援します。

中村選手オフィシャルブログはこちらから。

Ba2ne動画 スキー ROBERTO CRUCIANI氏

00:00

t02200152_0448031012017967837[1]
イタリアンスキーアカデミー共同創立者
ROBERTO CRUCIANI氏

バネインソールの雪上テストをしていただいた時の
使用感のコメントが届きました。


そのほか、スキーヤーからいろいろコメントをいただいております。
こちらからどうぞ。


Ba2ne動画 基礎スキー 関塚真美選手

10:18

WS000001
Ba2ne 動画
基礎スキー
関塚真美選手

関塚選手よりバネインソール使用感についてのコメントをいただきました。



関塚選手を応援します。

スキー選手コメントいろいろあります。
こちらからどうぞ。



FISファーイースト女子GS第2戦 安藤 麻選手が優勝!!

17:42

FISファーイースト女子GS第2戦

CCF20111204_000003 - コピー
優勝:安藤 麻選手

t02200180_0411033612104973529[1]t02200161_0448032812117855432[1]
2位:向川 桜子選手

FISファーイースト男子GS第2戦

t02200170_0435033612104971166[1] - コピーt02200171_0432033612104971167[1] - コピー

2位:武田 竜選手


バネアスリートが大活躍の今シリーズ。
今後も応援していきます。


FISファーイーストGS第1戦 向川桜子選手・結城智裕選手が優勝しました。

08:00


FISファーイーストGS第1戦
向川桜子選手が優勝しました。
t02200180_0411033612104973529[1]

2位:安藤麻選手
CCF20111204_000003[1]

男子GS第1戦
結城智裕選手が優勝しました。

ski_yuki[1][1]

今後もバネアスリートを応援いたします。


FISファーイーストSL第2戦 丸子由里香選手(バネアスリート)が優勝しました。

09:00

t02200187_0396033612110448030[1]

アルペンスキー
丸子 由里香選手

FISファーイーストSL第2戦
丸子 由里香選手が
優勝しました。

2位:向川 桜子選手
t02200180_0411033612104973529[1]

今後もバネアスリートを応援いたします。

FISファーイーストSL第1戦 及川貴寛選手優勝!!

10:59

t02200175_0423033612104973519[1]
アルペンスキー

及川 貴寛選手

FISファーイーストSL第1戦
及川 貴寛選手
優勝しました

女子SL第1戦 2位:向川 桜子選手
t02200180_0411033612104973529[1]

今後もバネアスリートの活躍を応援いたします。

バネアスリート 武藤 俊憲プロ ゴルフ日本シリーズJTカップ 2位

10:53

20120829_125614-2
プロゴルファー
武藤 俊憲プロ

男子ゴルフツアー最終戦でもある
ゴルフ日本シリーズJTカップ
(東京よみうりカントリークラブ)
にて
堂々の2位

2013年シーズンも応援します。

武藤プロ「バネインソール使用コメント」はこちらから。




スネのケガと足の形【バネインソールワンポイントレッスンvol.9】

13:58

冬の寒い時期から始まるのがマラソンや駅伝などランニングのレース。レースや練習が増えるのに比例して増えるのが疲労が原因で起こるケガ。今回はランナーに特に多いスネの疲労骨折と足の構造的な関係を見て行きましょう。

■スネを疲労骨折しやすい理由
歩行でカカトが接地する瞬間、スネにかかる衝撃は体重の5〜7倍。ランニングでは衝撃が更に増えるので、ランナーに限らずスポーツする人にとってスネは痛めやすい部分です。

hikotsu1
http://solelife.tv/Column/shibata04/から画像転載

スネには2本骨があるのですが内くるぶし側にある脛骨(けいこつ)に比べ、外くるぶし側の腓骨(ひこつ)の方が長い作りになっています。骨が長いので地面に先に接する腓骨は特に疲労が蓄積しやすく痛めやすい部分です。
 
■負担を減らす2つの機能
スネの負荷を減らすためには足が地面に着地する最初の部分、足裏で衝撃を吸収してスネに伝わる衝撃を軽減させるしかありません。この機能は誰の足にもあります。一つは足の動きで衝撃を吸収する機能です。着地の瞬間に素早く「柔らかい足(回内)」になって一定の衝撃を吸収します。※この動きを安定させるには踵の骨「踵骨」を安定させることが大切です。詳しくはワンポイントレッスン1をご覧ください

もう一つがカカトの脂肪で衝撃を吸収する機能です。カカトを触ると柔らかい部分がありますが、ここには約1.3cmの脂肪と頑丈な結合組織があり約半分の衝撃を吸収していると言われています。この踵にある脂肪層を活かすためにインソールを活用しましょう。 

■ランナーにお勧め
バネインソール ドットランニング
bane_products_all_dot

cup[1]
バネインソールは、黄色いプラスチックのヒールカップに球形の穴を開けカカトを包み込むことで、着地衝撃で脂肪が逃げない作りになっているのに加え、穴を開けた部分にも衝撃を吸収する素材を入れているので、着地衝撃は更に軽減される作りになっています。

脛の骨折を防ぐためにオーダーメイドのインソールに適う物はありませんが、市販の物ならバネインソールが優れています。スネの疲れや疲労骨折を繰り返している方はぜひお試しください。

記事検索
タグクラウド