-->

2009年06月の記事一覧

東急ハンズの情報誌でバネインソールが紹介!

22:42

 

全部で31ページと小冊子ではありますが、生活の中でのお役立ち品がギッシリ詰った情報誌です。

banehands1aご希望の方は全国の東急ハンズにお求め下さい。









 

小学館発行『駱駝』にバネ登場!

22:25

小学館発行の『駱駝 三浦雄一郎 人生まだ夢の途中』に
三浦雄一郎さんが愛用する中敷としてバネ・バランスインソールの写真が移っています。


rakuda











サンケイスポーツに掲載!

22:21

2007年10月11日販売のサンケイスポーツに当社取扱商品のバネ・バランスインソールが掲載されました。

CCF20071012_00002





 


 

スポーツ報知に掲載!

22:15

007年2月6日販売のスポーツ報知に当社取扱商品のバネ・バランスインソールが掲載されました。

supo-tuhouti 











スキー:皆川 賢太郎

22:13

minagawa bane

スキー

名前 : 皆川 賢太郎(ミナガワケンタロウ)









キャリア :
◆ 1998 長野オリンピック出場
◆ 2002 ソルトレイクシティオリンピック代表
◆ 2006 トリノオリンピック代表
3大会連続オリンピック出場
トリノオリンピックは3位と0.03秒差の4位となり、

50年ぶりの日本人選手の入賞を果す。

スキー:長谷川 絵美

22:11

hasegawa emi

スキー

名前 : 長谷川 絵美(ハセガワエミ)









キャリア :
◆ 2003 全日本選手権(SG)優勝
◆ 2004 インターハイ(SL)優勝
◆ 2005 国民体育大会 優勝
◆ 2006 世界ジュニア選手権出場 (SL37位、GS38位) 
◆ 2007 FIS Far East Cup 8位
◆ 2008 第81回全日本学生スキー選手権大会三冠達成
ジャパンシリーズ総合優勝

スキー:堀込 翔太

22:09

horigome syouta

スキー

名前 : 堀込 翔太(ホリゴメショウタ)
年齢 : 13歳








キャリア :
◆ 2008 平成19年度全国中学校体育大会
第45回全国中学校スキー大会 ノルディックコンバインド競技
2位
中学1年生が2位に入るのは快挙となる。

サッカー:永井 秀樹

22:07

hideki2

サッカー

名前 : 永井 秀樹(ナガイ ヒデキ)












キャリア :
◆ 1987 国見高校 第66回全国高校サッカー選手権
優勝 
◆ 1992 ヴェルディ川崎入団
◆ 1998 横浜フリューゲルスへ移籍
◆ 2000 横浜F・マリノス ファーストステージ
優勝
サントリーチャンピオンシップ出場 
◆ 2001 東京ヴェルディ1969へ移籍 
◆ 2004 大分トリニータへ移籍 
◆ 2005 FC琉球へ移籍 
◆ 2006 東京ヴェルディ1969へ移籍 

ラケットボール:廣瀬 尚昭

22:02

hirose

ラケットボール

名前 廣瀬 尚昭 (ヒロセ タカアキ)








キャリア  
◆ 20062007年、全日本シングルスランキング一位
◆ 2006年 ジャパンオープン優勝 
◆ 2006年 東日本シングルス優勝
◆ 2007年 西日本シングルス優勝
◆ 20056年 全日本選手権準優勝 
◆ 2007年 ジャパンオープン準優勝
◆ 2007年 全日本ダブルス選手権準優勝
◆ 2007年 全日本シングルス選手権優勝


コメント:
『インソールを入れると6割くらいの力で球を打っても、入れていないときの
8割程度の力で打った時と同じような感覚が得られました。』

 

廣瀬選手は単身アメリカのトーナメント等にも参加し国内だけにとどまらず国外の強い選手とも戦うガッツあふれるプレーヤーです。

セパタクロー:寺本 進

21:30

teramoto

セパタクロー

名前 : 寺本 進 (テラモト ススム)









キャリア
 : 
◆ 2004年 タイプロリーグ初の外国人選手で同リーグ
チーム優勝に貢献
◆ 2005年 タイ セパタクローリーグ リーグ
優勝
◆ 2007年 タイ・キングスカップ世界大会 ダブルスでビジョンB
準優勝
◆ 2007年 全日本大会
優勝


コメント:
『インソールも軽く出来ているうえ、入れることにより疲れにくくなりました。』


寺本選手は日本で唯一のプロセパタクロー選手でタイのプロリーグ史上始めての
外国人選手として参戦初年度より活躍しリーグ優勝に貢献。

世界王者のスープザック選手とも親交があり、日々よきライバルたちとともに
技術の向上と日本におけるセパタクローの認知度向上に力を注いでいる。

記事検索